Blog

Leofoto FW-01R ハンドル雲台

SONY α1 + SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art

先日デジカメウォッチさんでも取り上げていて、所有機材でもあるので感想など。

Screenshot of dc.watch.impress.co.jp

デジカメ Watch

現在の三脚事情

購入したのは6月頃。
3ウェイ雲台は、ブツ撮りor特殊(?)用としてハスキーの三脚を使用しています。
ガッチリしていて、ブレないのが大きな理由です。

でも大きさと重さで、ハスキーの三脚はもっぱらブツ撮り専用として活躍しています。
写真を始めたばかりの頃、新宿のMap Cameraさんで激安中古品(20,000円位だったような)で購入したものです。(傷とかついているけど、性能にはまったく問題ないので、いま考えるとめちゃくちゃお得でした。)

外に持ち歩く三脚は、GITZOかピークデザインのトラベル三脚です。

GITZOは、10年前に円高のときにB&Hで購入したものです。
当時の価格とあまり変わってないということは、高品質な証拠なんでしょうね。
機材の入れ替わりが激しい私のもとで10年選手はほとんどいないのにもかかわらず、手元にあるのは使いやすさからでしょう。

Leofoto FW-01Rを導入してみて

そんなGITZOですが、いままでReally Right Stuffの自由雲台(BH-40-LR)を使用していましたが、どうしてもハスキーの 3ウェイ雲台の操作感が外でも欲しく。
Leofoto FW-01R の購入に至りました。

SONY α1 + SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art

Leofoto ブランドは最近すごく人気がありますよね。
5~6年前位のCP+で写真家の茂手木さんが勧めていたのを覚えていますが、当時はまだまだ中国製品というのに信頼がなかったのですが、ここ最近の中国製品の高品質さはすごいです。(こんな考えももう古い(汗))

FW-01R 以外にも Leofoto 製品を所有しているのですが、絶妙な操作感と製品の精巧さが高い。
所有欲すら満たす精巧感とデザインは本当に感心します。

Really Right Stuffの自由雲台(BH-40-LR) も素晴らしいのです。(こちらはピークデザインの三脚で活躍中)けれども、風景写真の撮影などは 3ウェイ雲台 のほうが気分が盛り上がります。
パン棒が折り畳めるという発想も素晴らしい!

ぶっちゃけ気分の問題?という感じなのですが、どっちも素晴らしい雲台なのでw

FW-01R は、頑張れば動画でパン(カメラの向きを左右に振る)もできちゃうので、その辺りも重宝してます。パノラマ写真とかも撮りやすいですね。

スピード感を重視するときは、 Really Right Stuffの自由雲台(BH-40-LR)を 。
構図などしっかり決めて、撮影を楽しむとき(動画も)は Leofoto FW-01R という贅沢な使い方をしています。

三脚沼もあるので、これ以上は踏み込みたくない世界ですが。。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 奥能登
  2. 2021.09.11

    夏も終わり。

ドローンについて

使用機体:DJI FPV、DJI Mavic2 Pro

DJI FPV Mavic2 Pro

資格など

  • ■ 年間全国包括申請承認済(DIPS)
  • ■ 国際ドローン協会 目視外飛行訓練修了
  • ■ 国際ドローン協会 夜間飛行訓練修了
  • ■ 国際ドローン協会 GCクラブゴールドメンバー
  • ■ 無人航空従事者検定 1保有
  • ■ 第二級陸上無線技術士 (FPVドローン用)
  • ■ 第四級アマチュア無線技士 (FPVドローン用)
Drone Kentei

DJI FPV

新次元の飛行体験。Mavicなどとは一線を画す機体です。FPVドローンとしてもMavicなどと同じようにも使える高機能なドローン。

ご購入は保証体制などしっかりしているお店がオススメです。(システムファイブ様製品ページ

アーカイブ

本サイトに掲載されている画像について

当サイトを構成する 画像の無断転載・無断転用を禁じます。 (※当サイトの画像は COPYTRACK に登録されています)

このサイトについて

このサイトは、ムームードメインとロリポップを利用して制作しています。

PAGE TOP