Blog

SONYという選択肢。

SONY α7S III + TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD

プライベートな写真を最近撮っていないのでなぜか去年の春の写真を。
(彼が手にしているDJI Osmo Pocketは絶賛ヤフオク出品中。)

RAWはいまいちなんですけど、撮って出しのJPGがシャープで、ハマるとスナップにはいい写真を出してくれるので一時期(Tokyo出向?時)よく使っていました。

上の写真は、TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD。

とても良いレンズでしたが、どうもピントを外すことが多くていまは手元にはありません。
もちろん、SONYのAF様に頼っていましたが、個体差なのかサードパーティ製品だからなのか、純正に比べてピントの精度が家族写真の仕事に使うにはちょっとなレベルでした。描写は素敵でしたが…。(タムロン好きです!)

きっとたまたま個体差だったのでしょう。

そんなわけで一年ほど留守だった焦点距離70-200mmクラスのレンズは、新しい神に鎮座してもらうことにしました。

はい。もちろん購入できてません。
何ヶ月待ちなんでしょうね。
初代もなんの文句も出ないくらいでしたけど、Ⅱの評判の良さはすごいですよね。

SONYのレンズは本当に良いものが多いですね。

ただそんなSONYも盤石かといえば、そうでもないような情報も多く目にします。
初発だからこそのレンズマウントの問題とか、キヤノンのミラーレス開発の猛追とか。(なんだかんだ言って業界はキヤノンが王様)

そしてSONYは技術とか素晴らしいんですけど、ユーザーへの愛情が他のメーカーに比べて低い気がするのは私だけでしょうか。

α7S IIIが出て、ちょうど動画に本格的に参入するときで飛びついて購入したら、そのすぐあとにFX3とか出しちゃうし。(他にも似たようなことがあった気がする…)

顧客フォローとかすごいなーと思うメーカーは、SIGMAとかFUJIFILMが好印象なイメージです。

一ヶ月くらい前のジェットダイスケさんのツイートをたまたま目にして、「確かに」と思ったのは私だけではないはず。

体験として満足できそうなのはLeicaくらいかな。

ちょっと製品名とかは言わないですけど、30万円もする製品を修理に出して返ってきた梱包がこちら。

SONYさん、こりゃないっす…。

SONY製品を使っていて、好きだからこそ頑張って欲しいと思っています。

それにしても日々やることがたくさんあって、生きるって大変。
たまーにブログで現実逃避しますw

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

ドローンについて

使用機体:SONY AirpeakS1、DJI Mavic3、DJI FPV

Mavic2 Pro DJI FPV

資格など

  • ■ JAPAN DRONE CINEMA AWARD in SUZU 2021 優秀賞&審査員特別賞(W受賞)
  • ■ 年間全国包括申請承認済(DIPS)
  • ■ 国際ドローン協会 目視外飛行訓練修了
  • ■ 国際ドローン協会 夜間飛行訓練修了
  • ■ 国際ドローン協会 GCクラブゴールドメンバー
  • ■ 無人航空従事者検定 1保有
  • ■ 第二級陸上無線技術士 (FPVドローン用)
  • ■ 第四級アマチュア無線技士 (FPVドローン用)

Luminar

写真の現像に使用しているLuminar AI です。ときどきセールしています。
ご興味あればぜひ。
最初はイロモノかなと思っていましたが、実際に導入してみるとポートレート、風景ともに必須なソフトになってきました。

アーカイブ

本サイトに掲載されている画像について

当サイトを構成する 画像の無断転載・無断転用を禁じます。 (※当サイトの画像は COPYTRACK に登録されています)

このサイトについて

このサイトは、ムームードメインとロリポップを利用して制作しています。

PAGE TOP