Oogamijima: Island of the Gods

人と神が交錯する場所

大神島 神の住む島

宮古島から北に4キロほど。 人口が20人程度の小さな島、大神島。神の島とも呼ばれ、島内には数多くの聖域があり、むやみに立ち入ることはできない。

高齢化と過疎化が進み、100人以上の住人がいた大神島も、いまは20人ほどしか住んでいない。 沖縄でも有数のパワースポットとされ、キャプテンキッドの財宝の話や道路建設が異変続きで工事が中断された話など、興味深い話がつきない謎の多い島だ。 実際に訪れた大神島は、かつて100人以上が暮らしていた島の住人の暮らしの痕跡が残る。

失われてしまうかもしれないこの島の風景を写真で残していると、過去の風景を見ているのか、それとも未来の大神島を見ているのかわからなくなる。
今も昔も住人が見ていたであろう大神島の風景を、引き寄せられるようにシャッターを押した。

About four kilometers north of Miyako Island. Ookamijima is a small island with a population of about 20 people. Also known as the Island of the Gods, there are many sanctuaries on the island, which cannot be entered without permission.

Due to the aging and depopulation of the island, there used to be over 100 people living on the island, but now there are only about 20. The island is considered one of the most powerful spots in Okinawa, and there are many interesting stories about the island, such as the story of Captain Kid’s treasure and the story of how the construction of a road was halted due to a series of strange occurrences. I actually visited Ookami Island, where traces of the lives of the island’s inhabitants, who once numbered over 100, remain.

As I took pictures of the scenery of this island that may be lost, I couldn’t tell if I was looking at the past or the future of Ogami Island.
I pressed the shutter as if I were drawn to the scenery of Ogami Island as its inhabitants must have seen it now and in the past.

大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島
大神島

Dec. 2014, at Ookami Island

限られた時間の中、短い滞在で島を後にする。船で一緒になった島のおばあは、「また来るがいいさぁ」と言ってくれた。
ニッコリと微笑むおばあを見て、次に訪れたときは、この人たちを撮りたい―、 と思った。

With limited time, we left the island after a short stay. An old lady I met on the boat told me, “You can come back again.
Seeing her smile, I thought to myself, “I want to take pictures of these people next time.


PAGE TOP