What the Japanese should not forget.

3.11 〜忘れてはいけないこと

What the Japanese should not forget.

3.11 〜忘れてはいけないこと

3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと

東北地方を襲った未曾有の地震。なにが起きたのか。日本人として、この目に焼き付けたいと、気仙沼を中心に訪れました。

一年近く経った被災地は、いまだ生々しくその傷跡を残し、目の前には想像を超える光景が広がる。 忘れないこと。そしてなにかできることができたら、被災地のために行動したい。そう思いながら写真に残しました。

亡くなられた方のご冥福と、1日も早い復興を願わずにはいられません。

An unprecedented earthquake hit the Tohoku region. What happened? As a Japanese citizen, I visited Kesennuma and other areas in order to see the disaster with my own eyes. Nearly a year has passed since the disaster, but the scars are still fresh, and the scenes before our eyes are beyond our imagination. We must not forget. And if there is anything I can do, I would like to take action for the affected areas. That’s what I thought as I took these photos.

I cannot help but wish for the repose of the souls of those who lost their lives and for the earliest possible recovery.

3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと
3.11 〜日本人が忘れてはいけないこと

Created 2012. At Kesennuma, Miyagi


ギャラリーページに戻る
PAGE TOP