溺れる。

EOS-1D X + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM



仕事です。



モデルは日蓮宗身延山 武井坊の小松住職。
当たり前かもしれませんが、とても絵になります。修行走というトレランを立案された方。
ご住職としても人柄は申し分ありませんが、趣味(?)の走ることになると、
「一ヶ月に200kmは走らないと」
と仰る。

これは間違いなくあっちの人。

匂いとしては同じ系統の匂いが漂いましたが、間違いなくあちら側の遠い世界にいらっしゃる。



滝行の写真が仕事で必要だったので、小松住職に付き添ってもらい同僚のYくんと滝行へ。
滝行の前にお経を読むのですが、これがまたカッコイイ(なんて言い方は失礼かもしれませんが)。

場所は聖地、七面山の麓にある白糸の滝(富士ではないです)。


七面山はもともと女人禁制。
その昔、徳川家康公の側室、お萬の方がこの白糸の滝にうたれて祈念し、登詣を果たしたといういわれがあります。



実は、「この程度の滝、大したことはないだろう」とタカをくくっていました。
しかし、実際に滝にうたれてみると、すごい圧力!

わたくし、真水を頭から浴びると過呼吸症候群になり、溺れます。
忘れていました。
そして、溺れました。

EOS-1D X + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM



見ようによっては、ポーズを決めているような感じですが実は溺れています。
でも頑張って7回唱える「南無妙法蓮華経」を6回まで唱えました。(実際数えてられない。←Yくんが数えてくれていた。)

「にゃーむみょぉぅ!ほぉぅえぇんげぇぇきょぉぉぉー!!!」と、40年生きてはじめて聞いた新たなる自分の声。

わたし、生まれ変わりました。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。