子どもに尊敬される父親でありたい

Leica M9-P + Hektor f=5cm 1:2.5



すごい人になりたい。



子どもに対して、「こういう子どもになってほしい」「こういう人に育ってほしい」というのがあれば、親自身がすごくたくさんの本を読み、膨大な勉強をし、その言いたいことについて、古人や昔の人、いろんな人の話やエピソードを持ち込み、それを元に例え話をしながらある方向に話を煮詰めていく、そういうやり方がよいのではないでしょうか。

子どものほうを向き過ぎず、子どもに背を向けながら、その背中で実践者としての姿を見せていく。

自分が非常に楽しそうに、幸せそうにいろいろなことを喜々としてやっている。

そういう親であれば、子どもは「どうしてそんなに楽しそうなの」「何をそんなに毎日ニコニコしているの」というふうに興味と関心を持って近づいてくることでしょう。



小林正観「この世の悩みがゼロになる」より


つべこべ言うより、とにかく父親として背中を見せて、その背中を見て育って欲しいと思っています。
だから、頑張らないといけません。

きれいな言葉使いを子どもにして欲しければ、親がきれいな言葉使いをすること。
運動して欲しければ、親が楽しそうに運動すること。
本を読んで欲しければ、親が積極的に本を読むこと。

とにかくダメな父親かもしれないけれど、お父さんは君たちを全力で守り育てます。



Leica M9-P + Hektor f=5cm 1:2.5



自分が「父親がこうだったらカッコイイな」と思えることは必死にやります。

振り返ると自分の父親はとにかく仕事を一生懸命して。
若いときはよく走りに行って鍛えてて。
家に帰っても文字を書く練習をして(親は看板屋)。

今考えると本当にカッコイイ。
70近い今も。
誰よりも必死に仕事を頑張っています。
体力を使う仕事で、あの年であんなに仕事をする人を僕はまだ見たことがありません。

追いかけているのは、やっぱり父親なんだなと。
そして母親の大きい愛情に包まれてきたんだと。

妻の両親もすごく尊敬しています。
僕は妻がいなければ、きっといま生きてはいない。

そんな妻を育ててくれた妻の両親には本当に感謝しかありません。



Leica M9-P + Hektor f=5cm 1:2.5



いつか。
君たちにもそう思ってもらえるような。

カッコイイ父親でありたいと思います。

Leica M9-P + Hektor f=5cm 1:2.5



親子関係だけでなく、仕事でも同じことがいえます。
親に限らず、全てのリーダー、先輩、上司、に言えること。


「すごい人」を目指します。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。