飲み込まれる。

Leica CL + Leica Elmarit-TL 18 f/2.8 ASPH.



今週もスーパーハードでした。



金曜日、茨城から直帰するも、予約していたバスの時間に乗れず、やむを得ず中央線でゆっくりと山梨へ向かい。
帰宅するころには、当然家族は寝ており。
翌日、翌々日(土曜・日曜)と、とある仕事で朝から出かけっぱなし。
愛する子どもと触れ合えたのは二日間でわずか数時間。。。(しかも作業や準備をしながらなので、まともに向き合うこともできず(´;ω;`))

そしてまた東京へ。
来週は結婚式もあるし、わずか一日といえど帰れないのは痛い。

それにしてもインハウスデザイナー(カメラマン?)というのは、その会社にその分野の人がいない(歴史がない)と本当に大変です。



デザインやカメラマンの仕事を理解されていない(歴史がないので当然)ので、仕方ないですけど。
どう説明すればいいのやら。
デザインも写真も幅広いんですよね。
運動しているからといって、柔道も剣道も達人なわけじゃないんですよ。
でもそれって、なかなかわかってもらえない。

デザイン一つ、写真一枚撮るのに、どんなに大変か。
それを理解してもらえるのも仕事のうち。
とはいえ、純粋に自分の領域で仕事したい(´・ω・`)
でもまあ、それも含めて自分の立ち位置を明確にできるように頑張らねばなりません。
利益を出さない社員など必要ないのですよ。((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

でもいまの会社は「発信すること」の大切さをすごく重視しています。
そうなんです。
「発信」しないことには、誰にも伝わらないんですよ。
とくにこれからの時代は。(現実にはもっと前から)

ベンチャーなのでまだまだ発展途上(あくまで世にある大企業と比べて)ではありますが、「どうしたらいいのか」を常に考え、行動している会社だと思います。
日々、闇に飲み込まれそうになりながらも、学びを忘れず頑張っています(つもり)



たまたま作業中のBGMを聴こうとして、キングコング西野さんの
キンコン西野 伝説のスピーチ「人生に失敗など存在しない」平成30年度近畿大学卒業式
が流れて、その内容に感動しました。
過去は書き換えることができる。
鐘が鳴るまえは報われない時間があるということ。

…もがき苦しんでいる方には、(もちろんそうでない方にも)心に刺さる内容です。
ぜひご覧になってみてください。
今週セミナー動画を撮る予定なので、そっちの視点でも勉強になりました ^_^

西野さんすごいですね。
きっととてつもない苦労をされたんだろうなと思います。

まだ僕は苦労が足りない。
そう思いながら、東京へ向かう渋滞中の高速バスの中で書き留めてみました。
ものすごく疲れているのに、電車やバスで寝れないんですよね。。。一種の老化?

GWに家族とゆっくり過ごす時間を励みに明日からもがんばります!




…昨日、今日と20人近く撮影したのですが、α9恐るべしです。
瞳AFのおかけでピントを外すことがほぼありません。
お仕事的には最強です(いままで使ってきた歴代カメラと比較して)
一瞬のチャンスを逃さず、ピントを外した失敗写真がなくなることを考えれば、絶対に買うべきカメラですが。
それを理解してもらえるのも仕事として実際に使ってみないと…わからないですよね~。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください