オールドレンズという選択

SONY α7RII + Summicron 90mm/f2



淡い色彩がよく似合います。



LeicaでなくSONYで。
ライツ黄金期の作と言われるこのレンズ。
造りが本当に美しい。

Map CameraのKASYAPAにも紹介されているとおり、工芸品と呼べます。
とてもお気に入りのレンズ。

3~4年前くらいに銀座のカメラ屋さんにあるのを見て、どうにも恋焦がれて購入。
マウントアダプターを使用してLeicaだけでなく、このレンズを楽しめるようになりました。

ゆっくりと、愛する被写体を撮る。
そんなレンズです。

なかなか仕事には使えないですけどね。

10月は運動会やら七五三などイベント目白押し。
大忙しになりそうです。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください