これからの世界

SIGMA DP3 Merrill



AI(人工知能)、IoT、ビックデータ。



「羅針盤」、「火薬」、「印刷技術」は世界三大発明と言われています。
現在の世界三大発明は、「AI(人工知能)」、「IoT」、「ビックデータ」が新たに提唱されているそうです。

堀江貴文さんのこんな本を読みました。



いま働いている会社は、まさにこの本に書いてあること、新しいテクノロジー、ロボット化を進めています。(製造業に)
つい先日も、関連会社と東京大学の松尾研究所で共同開発した、AIとロボット活用によるキャベツ自動定量ピッキングシステムが、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで放映されました。
(記事中の写真撮影、私)

ロボットがキャベツの千切りを決まった量を掴んで(学習しながら)お皿に移すという、一見すると素人目には大したことないと思われるのですけど。
この本を読むと、ロボットが手を使うということが、今後ものすごい可能性を秘めていることがわかります。

「人ほど上手に「手」を使いこなしている動物は、ほかにいない。「手」によって、進化のジャンプを遂げた。」、「AIロボットに高性能な「手」が搭載されたら、IT革命やAI革命どころではない、次世代の一大産業革命が起きる」と同書では取り上げています。
「手」は膨大な量の知覚情報を収集します。
そこから得られる膨大な情報をAIが学んで、ロボットがそのデータを活用できたら爆発的な進化が起きます。

あと数年で見たことのない世界になる可能性もあるわけです。
本の内容を盲信したり、「間違いない、そのとおり!」と言うつもりはありませんが、この本を読むといま世界はどのような状況(どういう研究が進められているのか)で、今後どうなっていくのかということが予測できる内容です。

テクノロジーの進化は止めることはできません。
進化を怖がるのではなく、どう活用していったらいいのか。
この五年、十年でも、身の回りの環境は劇的な進化を遂げてきました。

「ロボットなんて関係ない話」、なんて思っていましたが、これは読んでよかった本です。
すべての人が知っておいていい内容だと思います。
やっぱり読書はいいですね。


人はなんのために働くのか、という内容の中で、私は下の文章にドキリとしました。(-_-;)

自分で苦しい道を選択している…俗世を捨てて山ごもりに入る、修行僧の発想だ。お金や生活に支配されて生きている人は、私からすれば逆の意味でストイックに思えてしまう。
どうして自ら、辛く苦しい、何も生みださない道を行こうとするのだろう?
<略>
不安だ。不安になるのが、好きなだけなのだ。
だから「あなたは何のために、働いているのですか?」の問いの本質に、気がつけない。
「僕たちはもう働かなくていい。嫌な仕事、面倒なことはしなくていい。」
これからの時代、生き残れるのは、安定した仕事を与えられた人でも、お金持ちでもない。
働かなくていい世界で、なおモチベーションを持ち、何かの行動を起こせる人が、生き残れるのだ。

堀江貴文「僕たちはもう働かなくていい」より









お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください