帰ってきたX-T10

SONY α7RII + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG



XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRと一緒に。



ついに手に入れた超望遠。
前回の記事の SIGMA 12-24mm F4 DG HSM | Art に加え、これで12mm~609mm(35mm判換算)の画角を手に入れました。
最強。

これで写真がダメなら、原因は腕のみ。
あとは腕を磨くだけ。

このレンズを手に入れたその週に X-T10 と一緒に落としてしまい、修理センター行きとなっていました。
ボディ側から落ちたため、このレンズは見た目無傷でしたが、心配なので一緒に送ったのです。

ほとんど撮れていませんが、落とす前に撮った写真をみるといまいちだったので
修理の依頼書に
「私の腕が悪いからかもしれませんが、ピントが合っていないと感じるので、ピントの精度もチェックいただけるでしょうか」
と書いて送ったら
「レンズの光学性能には異常は見られませんでした」
との回答。

あ、あぁ。
私の腕が悪いのね(汗)
恥ずかしい… (´-ω-`;)ゞ

しばらくはデザイン業務が忙しいので、なかなか撮りには行く機会がありませんが。
年末年始までにはいろいろ終わらせて、撮影三昧といきたいものです。ε(‘∞’*)フゥー

修理から帰ってきた X-T10 はピカピカでした。


傷もほとんどなく。
FUJIFILMの修理センターの方、丁寧なお仕事ありがとうございました。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。