人の心を静かに殺すもの。

Leica CL + Leica Summilux-SL 50mm f/1.4 ASPH.



価値観について考えることがありました。



とある取り上げられていたツイートで、

「良いものを安く買おう」って考え方がそもそも頭が狂っていて、良いものはコストがかかってて高い、安いものはそれなりの価値でしかないといった常識をもっと共有していかないといけない。

とあるTwitterより

というものありました。

そうなんですよね。
とにかく安く安く。
買おうとしてしまうけれど。

単なる価格だけでなく、仕事も同じことが言えます。
予算や時間をかければいいというものではありませんが、質の高い成果を出すには片手間の仕事でできるわけがないと。
購入であれば、消費者が。
仕事であれば、依頼者が。
もっと考えていかなければいけないことなのかな、なんて思いました。

そんな折、いつかブックマークしておいた記事が。

それが何であれ、仕事には相応の苦労が伴います。そして、それに敬意を表してお金を払ってくれる人がいて初めてその人は仕事を続けることができる。
あなたが懸命に作ったものを当然のようにタダで持っていく人がいたらどう思いますか。
自分にはそんなにも価値がないのかと傷つきませんか。

そんなことをぐるぐる考えていたのですが、ふと気づけば私とてマッタク偉そうなことは言えません。

送料無料の本を買ってお得だと思っているのは私です。
配達してくれる人への敬意はどこに?
宅配便を届ける人がいなくなっているのはきっと多忙のせいだけじゃない。
私のような人間から投げつけれる「敬意のなさ」のつぶては人の心を静かに殺していくのだと思います。

稲垣えみ子さん「アフロ画報より」





Leica CL + Leica Summilux-SL 50mm f/1.4 ASPH.



自分に置き換えると
「デザインなんてすぐできるでしょ?」
「写真なんか簡単に撮れるでしょ?」
とか、いろいろ「敬意のなさ」に静かに殺されてきたなーと思いつつも(自分のスキルが未熟な点はさておきw)
(フリーランスのときは辛かったなー→ひとりごとw)

稲垣さんのように、振り返ると自分も同じようなことをしていることがあります。


こういうのにとても敏感に反応してしまいます。

デザインも何年もかかって作れるようになったものです。
仕事が早いと言われるのも最初から早いわけではなく、人の倍苦労してきたから早いわけです。
写真も何年もかかって何万、何十万枚と撮ってきて、さらに高い機材を購入して、ようやく撮れるようになったものです。
いろいろなものを犠牲にして得た技術なわけです。
(※未熟な自分の例ではなく、世の中のデザイナーや写真家さんたちのこと)

それをタダ同然のもののように扱うことは、確実に誰かを傷つけます。
そして巡り巡って自分が傷つくときがきます。

因果応報。
さまざまな仕事に、人に、敬意を払う自分でいたいと改めて自戒しました。



Leica CL + Leica Summilux-SL 50mm f/1.4 ASPH.



Leica CL + Leica Summilux-SL 50mm f/1.4 ASPH.



家族で地域のどんど焼きに出かけたのですが、子どもの習い事で遅くなり、着いたときには終わってしまっていました(汗)
道すがらのスナップ。

この時期の澄んだ空気感は本当に綺麗ですね。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください