写真中毒。

Nikon D800E + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G



撮った写真が喜ばれると、やめられない。



もはや危険ドラッグ。
冒頭の写真は、元同僚のお嫁さんを撮影させていただいたものなのですが。
そのちょっと前に、同じようにマタニティから、お宮参り、そして1歳の記念にと、家族写真を撮らせていただいたSさんご家族の撮影がありました。

お礼のメールが届きまして、

写真、届きました!
とってもとっても素敵です。
夫は涙ぐんで感動していました^^
一年前を思い出したみたいです。


こんな言葉いただけたら、写真やめられないです。
こちらこそ撮影させていただいて、ありがとうございます。

この写真の、K夫婦にも喜ばれるといいな。

撮影の仕事は特に、自分で言うのも何なんですが、満足いただけているのに、なぜか値引きしたがってしまい(もはや病気)、まったく利益がでなくて困っているのですが。
こんな嬉しいお礼があれば、「お金なんかいらねー」と言ってしまいたくなります。
よく「もっとちゃんとお金いただいたほうが良いですよ」と言われます。
確かに、それで利益を出して、自分がまず幸せになって、そのお金で機材を買ったり、セミナーで勉強したり、もっと高いレベルでお客さんに還元できればいいのですが。
なにか写真ドラッグの中毒となってしまい、深刻な「お金値引きします病」にかかってしまっています…。

でも自分の家族の生活を守らないといけないので、考えないと。

今日 twitter で、かなり笑える(激しく同意できる)つぶやきがあったので、さっそく妻に、「これ、笑えるよねー。」と送ったら、
「笑いごとじゃない!」
と一喝されました…。
(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)



どちらの気持ちもすごく理解できる…。(笑)

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。