お父さんの顔が気持ち悪かったから。

FUJIFILM X-T10 + XF 56mm F1.2 R APD



笑撃の一言。



娘は育ちました。

先日のお話。
仕事を終え、帰宅して家族団らんの時間。
少しおどけてふざけた顔をしていると、いきなり娘に顔を叩かれました。

瞬間湯沸器、ケトルシノブと言われた短気だった僕も、ここ数年の激動の荒波に揉まれ、穏やかになりすぎ “生き仏のシノブ” と呼ばれています。(自称)

しかし、さすがにこの娘の仕打には日々の疲れもあり、ムッとして足早に2階へ仕事しに行きました。
妻の「なんであんなことしたの。謝ってきなさい。」の声。

…。
2階に上がってきた娘は、しぶしぶと
「お父さん、ごめんなさい。」と。

「なんで、顔を叩いたの?」
と聞くと
―娘
「だって…。」
「お父さんの顔が気持ち悪かったから…。」

「…!!!?」

怒りを通り越して、笑いました。
「あ、あぁ、そうなの…。そうだね、お父さん気持ち悪いね。気持ち悪い顔したお父さんがいけなかったか…(汗)ごめんね。」
「でも気持ち悪い顔してても、叩いちゃダメだよ。」
と諭して仲直りしました。

こんなこと言えるようになったとは…。
それにしても子どもの成長は早いですね。

今日もお風呂あがりに、裸で「えいやっサー、えいやっサー」と踊っていると、4歳の娘に
真顔で「お父さん、早く服着ろしー(甲州弁)」と叱られる始末。

あれ?
親子の関係交代してない?
それにしても女の子はませてますね。
そのうち言い争いになったら勝てなくなるでしょう(汗)

夜遅くまでパソコンの前に向かっていると、優しい妻が
「まだやってるの?寒いから早く風邪ひけし〜(甲州弁:服を着ろと寝ろを一緒にした模様)」
と言ってくれるし、2歳間近の息子は、寝起きに寝ぼけて顔にかかと落としをしてくる始末…。

父親の尊厳が…(汗)
(身から出た錆でしょうけど…)


最近はずっと忙しくて、相変わらずどうにもなりません(笑)
それでもどんなに忙しくても懸垂はやめられない。
本日新記録42回を達成して、ご満悦。
かっこ良くて気持ち悪いお父さんを頑張っています。


Comment

  1. mj より:

    大沢家の仲睦まじい姿が浮かんできます。

    奥様の愛嬌のある天然さ、ご長女の天真爛漫さ、ご嫡男の格闘技のセンスなど、心がほっこり温かくなりました。

    うちの子供達からは、「お父さん、臭臭大魔王だね!!※ヒロシみたいだよっ!!」と言われる始末ですぞ・・・。

    ※ヒロシ:クレヨンしんちゃんの父。足の臭さは嗅覚の無いロボットすら気絶するレベル・・・。

    • shinobuosawa より:

      天然のドMとドSが入り交じる我が家でございます。

      まぁ、どこもお父さんは嫌われ役ですな(笑)
      今度お会いするときは、少し離れますね!(笑)

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。