ニッコールフォトコンテストの準特選に

生命(いのち)輝く

OLYMPUS PEN E-P3 + LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.



今年はエプソンフォトグランプリ、全日本モノクロ写真展、屋久島写真コンテスト、そして今回のニッコールフォトコンテストと有り難い話が続きます。



タイトル「生命(いのち)輝く」

&#187 第61回 ニッコールフォトコンテスト

準特選に選ばれた作品は、5枚の組み写真(モノクローム)です。この作品はアワガミファクトリーの「楮(こうぞ)-薄口-生成」でプリントしたもの(確か…(汗))

上の写真は、組み写真5枚の内の一枚。(プリントした生成らしさを出すために、黄色を強くしています)
パソコンが壊れているため(後述)、データなど自由に出せないので今回は1枚だけ公開。また違う機会で5枚全部公開します。

妻が妊娠したときから、出産までの生命(いのち)が輝く情感を組み写真で表現してみました。また、自分の世界観を出すために、和紙である阿波紙にプリント。出力結果は、想像以上に良かったので、それが選ばれたのはなおさら嬉しいです。
そして被写体になってくれた妻と娘のおかげです。ありがとう。

授賞式も恵比寿のホテルで行われるそうな。ドキドキしますね。
ニコンユーザーとしても、嬉しい入賞です!(そのくせ、Nikonで撮影したのが5枚の内1枚だけという…)

去年の屋久島写真コンテストからコンテストに応募するようにしていますが、こうして作品が認められるとやっぱり嬉しいです。目指すべき場所は遠く、まだまだ満足してる場合ではありませんが。
無駄遣い(プリント費用もバカにならない…)している身なのでこうして結果が出ると、少しだけ妻にも面目が立ちます(汗)

嬉しい知らせばかりかと思いきや、まだ買って1年半しかたっていないMacBook Pro が壊れるという…。ちょっとシャレにならない事態が。
古いMac miniがあったからまだいいものの、マシンパワーが無くて特に写真処理が困っています。。。
お金無いので、とにかく買い替えだけは避けたい…。
エプソンフォトグランプリで入賞して喜んだ時は、虫垂炎になってしまい治療費で賞金がパー。
今回は、これかよ…。っていうか、明らかに賞金の倍かかる気配。(-_-;)

幸も不幸も背中合わせです…。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。