人を撮る難しさと楽しさ。

EOS-1D X + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM



述べ撮影人数292名!



前回お知らせしたイベントでの一人写真館。 約300名の大勢の方の笑顔を撮影させていただきました。

> 写真館3日日のアルバム

え?
これってすごくないですか(笑)

自分で自分を褒めてあげたいw

さすがに最終日はすべての方には無理でしたけど、2日目まですべて2Lサイズにプリントしたものを、お帰りまでにお渡ししました。(やはり来場される方が土日に集中するので、土日の2日間で250名ほど)
コミュニケーションから撮影、現像、補正、プリント。すべて一人。
プリントの場所は少し離れた事務所2階のため、撮影したら小走りで事務所へダッシュ。
CFカードからPCに取り込み、写真のセレクト、現像、補正、プリント。

その間に大抵、「写真館利用のお客さまお待ちでーす」と無線が入るので、また撮影場所まで小走りダッシュ。
昨年は脱水症状寸前まで行きましたが、今年は台風のせいもあり?、気温がそこまで高くならなかったので助かりました。
(※撮影場所は屋根のある屋外)

あの鈴木心さんの写真館もソニーストア(昨年だったかな?)のとき、一日で確か200名超えてたという投稿をされていたと思うのですが、受付やアシスタント、プリント係の人、スタッフがいる中。
もちろん、技術など足元にも及ばないですが、たった一人でこの人数を撮影・プリントまでできたのは大健闘ではないかと。

正直、限界が近かったですが(笑)
頑張りました。

「前回、撮ってもらった写真も部屋に飾ってある」
「写真を撮ってもらえるのが楽しみで」
なんて言われれば、本当に嬉しいですよね。

人を笑顔にするには大変なエネルギーが必要ですけど、差し上げる写真はずっと残るもの。
いつまでも見ていただける写真を撮ることができたのでであれば、カメラマンとしてこの上ない喜びです。

しかし。
実はわたし、人を撮るのが苦手なんですよね。
妻から「本当に友達いないよね」
と哀れみにも似た言葉を掛けられるほど、普段人と接しない性格ですので。

こうした場を与えてくれる会社、というか社長に感謝ですね。

写真の展示も
「こうしたい」
と言ったら
「OK」
で返してくれる度量の広さ。







ベルベットファインアートペーパーを使用してファインアートプリントを展示しました。
さながらプチ写真展。

そこまで大したことはしていませんが、用紙に合わせたレタッチやシャープネス。
こだわりました。

もっと多くの方に観てもらいたい写真でした。
いつか個展を開けるように頑張ります。

今月はやることたくさん。
まだまだ走り続けます!

Comment

  1. 中野 浩三 より:

    こんばんは。

    300名ですか!
    これは本当にすごいですね。

    これだけ撮影すると、色々気づく部分もあったんじゃないでしょうか。

    私も人を撮る(話しかける)のが苦手で家族以外撮ったことがないので、
    人物撮りが上手い方はひたすら尊敬します。

    • こんばんは。
      もう無我夢中でした(笑)
      笑顔にさせやすい人、場所、空気。。。
      あの場だからこそできた撮影かもしれません。普段であれば、今回のような対応はできないだろうと。

      私も人物を上手に撮れる人はすごいと思います。
      この撮影は、撮れば撮るほど自分の力不足を感じました(汗)

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。