動画を学ぶのはいま。清水の舞台から家族を巻き込み、飛び降りた夏。

SONY RX1R






最近注目していたビデオグラファーの鈴木佑介さんのセミナー。

テンポよく動画業界のこと、機材のことを惜しみなくセミナーでお話してくれました。
このセミナーを受けて思ったのが、一眼動画ならやはり現時点ではSONYだなと。(センサーサイズ、ボディ内手ぶれ補正の有無、機材の有利性など)


SONY RX1R



行ってよかった。
そして、このセミナーを受けて飛び降りました。

鈴木佑介さんが講師をつとめる「αアカデミー for Professional」
全5回のセミナーで価格は192,500円+税!

内容を考えるとお得とはいえ、そう簡単に手が出せるものではありません。
しかし、このセミナー、第一回(3月募集)のときは、すぐにソールドアウトした人気講座。
いろんな敷居が下がってきているいま、きちんとした技術を学ぶのはいましかありません。

しかし、万年金欠カメラローン男の私に、この費用が出せるわけもなく…。

(※費用を捻出したゲス行動については削除しました…)


ディレクション力、デザイン力、Web力、ライター力、コピーライター力、写真力。これに動画力も身につけて、必要としていただける方のために頑張りたいと思います。
その対価として、家庭に恩返しできれば!



貴重な人材になるために

セミナーの行き帰りのバスの中で、堀江貴文さんの「多動力」を読みました。
久しぶりに有益な本を読んだなと。


実は人間的にはマイナスなイメージがありましたが(ちょっと人間味がないようなところとか)、自分が感じていたことをわかりやすく言語化されており、なるほど!と思うことがほぼ全ページにわたって書いてあります。私含め、いろいろ誤解されているところがある人だと思いますが、その考え方は同意できることばかりでした。
堀江さんほどではないにしろ、日本の経営者やリーダー的存在の人がこうした考えができれば、すごいイノベーションが起こせるのではないかなと思います。
日常にどれだけ無駄があふれているか…。この本には無益でしかない、無駄な作業を徹底的にカットする方法が理論的に書かれています。
しかも難しいことではなく、気持ちを切り替えることでできるんですよね。(特に決定権をもつリーダー的存在が)
仕事をしている人であれば、絶対オススメできる本です。

「3つの肩書をもてば、あなたの価値は一万倍になる」
「100点を取ることに執着せず、80点取れるものをいくつももっている人が強い」
というような項目では、自分が考えていることと一致して、気持ちを後押ししてくれました。


機会あればぜひ読んでみてほしい本です。

これからの時代は、とにかくチャレンジする行動力とアイデアを進化させる力が求められるはずです。
常に努力しなくてはいけません。頑張ります。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。