お父さん、ケツ出し星人みたい。

鏡池

SIGMA dp1 Quattro



今日髪を切りました。



まず妻。
「カッパみたい。」

そして娘。
突然わめき出し、「このお父さんちょっとヤダ!」

そして息子。
「お父さん、ケツ出し星人みたい。」

おぉい!
前の二人はいい。いや、良くないけど。

ケツ出し星人って、どんなんなんだよと。

え?
そんなにヒドイ?

確かに容姿に自信はないけれども。
いつも「お父さんイケメンだよ。」と気を使って言ってくれる娘が、嫌だとわめき。
妻と息子にいたっては、もはや人間ではないモノに例えとる…。

坊主にしようかと思ったのですが、美容室の方の温情で、少し上の髪の毛を残してくれました。
でもそれが裏目に出たのかな…。
髪の毛による印象って大事なんですね…(汗)



戸隠神社 奥社鳥居

PENTAX 645D + FA645 45-85mmF4.5,



ここ数日は、いろいろな準備で大忙しです。
新しく購入したもの。
さらに購入するもの。

と、言葉だけだと簡単なのですが、いろいろな準備が追いつかない…。
来月の支払いのときに、どうやって妻に土下座するか思案中です。
キレイな土下座を練習しよう…。

写真は、カッパを連想させた戸隠にある鏡池の写真。(4年前SIGMA dp1 Quattroで撮影)

そしていま購読中の


神々の正体: 皇祖が日本をまもり、それを出雲が架空の神話に変えた を読んで、いままで感じていた日本神話の矛盾が解明されました。


まだ半分くらいしか読んでいませんが、「なるほど」と思わせることがたくさん。
この本の内容も一つの説でしかありませんが、いままで天孫族(大和政権)が出雲族(出雲王朝)を滅ぼしたかと思っていましたが、そうではないと。
『神社神道は出雲が支配するために作った宗教』とされている内容は読み応えがあります。

日本の歴史をテーマに写真を撮る私としては、これは必読でした。
天皇の祖に譲った(滅ぼされた)とされる出雲族の陰謀。

滅ぼされた王朝の視点で写真を撮りたいと、出雲へ行きたかったのですが、この本を読んだらガラッと視点が変わりそうです。
様々な準備をしながら、合間に読書をして知識を蓄えています。

そんなわけで戸隠神社奥社へと続く鳥居の写真。

今回の写真は4年前に撮影したものですが、最近話題のLuminarルミナールを購入し、再度カラーコレクションしたものです。
間違ってLuminar Flexのほう買っちゃったけど。
似たようなものらしいので、まぁ良しと(汗)


ついにDaVinci Resolveも買ってしまいました。



Blackmagic Design 動画編集ソフトウェア DaVinci Resolve Software

期間限定(今月までかな?)で、iZotope社のノイズ除去ソフトウェア「RX」の最新ライト版であるRX7 ELEMENTS(税抜き:1万6千円)が無償でついてきます。使い方(まだ)わかんないけど(笑)

高いですよね…。
しかし、今回の動画のためにLeicaを犠牲にして購入したものは、まだまだこんなものじゃありません。
来月あたり死体で見つかったら許してください。
家族を犠牲にするダメ父親の自業自得です…。



を読んで日々DaVinci Resolveの勉強したり、最近はオンラインで勉強できるUdemyでAfter Effectsを習い始めました。
できないことができるようになるって楽しい。


下の動画は今月頭に作った製品紹介の動画。
大した動画ではないですが、つい2~3ヶ月前にはこんなスキルはありませんでした。

撮影はもちろん、構成、編集や音楽の選定なカラーコレクション、カラーグレーディング…。
とにかく覚えなきゃいけないことたくさんですが、これからこれから。




ケツ出し星人は頑張りますw

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください