間が悪い。

SIGMA dp1 Quattro



エロ親父になったお話。



最近のお話です。

海辺で撮影していると、なんとカメラマンらしき男と、妙にホットパンツな女性が来るではないですか。
おやおやと、横目で見るもジロジロ見ては失礼なので、僕は目の前の海辺の撮影(作品撮り)を続けます。

ちらっと横目で見ると、

なんと、

水着で、

撮影している、

ではありませんか!

「こりゃぁ、目のやりどころに困ってしまうわい」と、心の中でおじいさんになってしまい、

なんとなく居づらくなったことと、ほぼ撮影が終わったので帰ろうとしたところ。

あれ?
撮影しているところって、俺が来た道じゃね?

「いや、そこで撮影している君たちが悪いんだからね!決して見たいわけじゃないんだからね!」
と心の中でつぶやき、セクシーポーズをとる女性と、それを撮るカメラマンの近くにズンズンと近寄ります。

しかし。

なんと。

そこは。

袋小路の岩場で、僕が通った道とは全く違う場所でした。

どんなに探しても、来た道が見つからず、その場のシチュエーション(明らかに水着撮影をしているところを覗きにきた感じ)で思考停止してしまい、なんだかすごく長い時間立ち止まってしまったと思います。

脳がようやく「来た道は、ここじゃないよ!」と判断し、命令を出すまで遅いこと、遅いこと…。
慌てて引き返したものの、彼らの目には「覗きにきたキモいオヤジ」以外の何者でもなく…。

かなり恥ずかしい思いをしました… ( TДT)


あ、写真の雲にまつわる記事にしようと思ったら、まったく関係ない話にずれてしまいました(汗)

雲って状況によりいろいろと形を変えていきますね。
風が吹いたら吹かられた姿に、水蒸気が上がって勢いがいいときは入道雲のようにモクモクと。
自分の人生に置き換えて、流れるままに適応していきたいなぁと雲を眺める今日このごろ。

娘も無事退院し、今日から保育園。
明日は発表会です。
楽しみだなぁ。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。