3歳の娘に怒られた日。

EOS 5D Mark Ⅲ + EF70-200mm F2.8L IS II USM



謝りました。



リトルモンスターとして、縦横無尽に暴れまわる1歳の息子を着替えさすために、「男だから」ということもあったのでしょう。
押さえつけながら、少々手荒に服を脱がせ、そして着させたのです。
それを見た娘は、
結人ゆうとくんがかわいそうだよ! お父さんダメだよっ!!」
と泣きながら怒ったのです。
その真剣な怒りぶりに驚きました。

以前、脳科学者の茂木さんの講演で、

子供は4歳くらいから、自分以外の人にも“気持ちがある”と理解してくる


と仰っていましたが、娘にそうした他人を思いやる感情が出てきたと思うと、しみじみ「大人になったんだなぁ」と感じました。
そして、娘の前でそうした手荒な行為をした自分を恥じました。

泣きながら、「結人ゆうとくんが痛がるよ」などと、なんで自分が泣いているか話す娘に、
「ごめんね。確かにお父さんがいけなかったね。今度からは優しくするから。」
と平謝り。

娘の怒りが真っ当すぎて、お湯を張っていない真っ暗なお風呂場に独りショボンと、たたずみました。(39歳 ♂)

「子供だから」「子供のくせに」なんてことは全然思いません。
子供とはいえ、一人の人間。
僕は立場や年齢で人を判断するのはとても嫌いです。

自分の子供だからといって、軽視することは絶対にしません。
他人でもどんなに年下だろうが、敬意をもって接することを心がけています。
(親として、年長者として、「躾」などは別に。)

娘と初めて「人と人」として向き合った気がしました。
(自分が未熟側だったのがイタい…)
こんなオッサンになっても、3歳の子からまだまだ学べることがあると思うと、人生楽しいですね!(負け惜しみではありませんw)

まぁ、そんな息子は僕のムスコを蹴って、しばらく使い物にならなくしてくれました。(普段も使い物になっていませんが…)

学ぶといえば、写真。

例えば尊敬できる写真家のアシスタントのもと、没頭するくらい写真にのめり込みたいですけど、家族もいるし、年も年だし、そんな機会はなかなか…。(若手と呼ぶにはちょっと…な年なので、アシスタントで雇ってくれるところなんて…(^^ゞ)

あ、誤解されていはいけませんが、「アシスタントで働く=勉強する場」ということではありません。仕事のため(雇ってくれる側に対して利益になること)に働くのが当たり前で、結果的に「自分にとっても、勉強になる」ということです。

なんとか写真で仕事をしたい、写真で表現したいと、もがいている日々ですが、最近そんな自分にとって大きな話が2つありました。
今回の2つのお話は、アシスタントとかそういうお話ではありませんが、自分がより成長するためにキッカケを与えてくれたものとして、とにかく頑張ってみます。
プレッシャーなどでお腹が痛いですが、「恥をかくことも大きく成長する要因」と腹をくくり、チャレンジしてみます。

当分、相当に忙しくなりそうです!


お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。