久しぶりのHASSELBLAD

Hasselblad 500C/M + Carl Zeiss Planar C 80mm F2.8



やっとフィルムを5本撮り終えたので、現像。



2年前のフィルムもあり、フィルムならではのタイムスリップ感にとらわれました。
(写真は先日撮ったばかりの息子)

下を向きながらファインダーを覗きこんで、ゆっくり被写体を見つけて「バコンッ!」というシャッター音で撮影するHASSELBLADハッセルブラッド独特のスタイル。

デジタルカメラでは味わえないなんとも言えない雰囲気。

そんなHASSELBLADハッセルブラッドですが、いよいよ手放す…

ことに…。

なるのか…。

うーん。
できれば手放したくないなぁ…。

HASSELBLAD 503C/M

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。