春の足音。

SONY α9 + HASSELBLAD Planar CF 80mm/f2.8 T*



知らぬ間に暖かくなってきました。



今日はとても暖かい一日でした。
最近忙しすぎて季節も温度も感じる暇がないのですが。

朝方、第二次機材大放出(ヤフオク)を終え、今日は最後の一品 HASSELBLAD Planar CF 80mm/f2.8 T* の作例を撮りに30分ほど近所の散歩と、娘と県立博物館へ。

今までほとんど使うことのなかった HASSELBLAD Planar CF 80mm/f2.8 T*(KIPON (キポン) マウントアダプター ハッセルブラッドVレンズ/ソニーEボディ用 )でしたが、今日使ってみて、「あれ?楽しい」と(汗)
先日手放したHektor同様、柔らかく低コントラストな画なのですが、RAW現像で味付けできるし、なによりほわっとした感じがいい。

SONY α9 + HASSELBLAD Planar CF 80mm/f2.8 T*



SONY α9 + HASSELBLAD Planar CF 80mm/f2.8 T*



SONY α9 + HASSELBLAD Planar CF 80mm/f2.8 T*




SONY α9 + HASSELBLAD Planar CF 80mm/f2.8 T*



しかし。
手放さなければならぬのです。

わけは聞かないでください。(←誰も聞いていない)

前回も手放したくなかったものを泣く泣く放出しましたが、今回の出品は前回では「やはり手放せない!」と残ったつわものたち。
しかし。
それでも出品しました(泣)

いずれ…。
その理由は…。


判明するでしょう…(遠い目)





いま職場ではさらなる挑戦をするために事務職(平たく言うと私のサポート)を募集しています。
もっとクリエイティブなことにチャレンジするために会社が機会を設けてくれました。
良き出会いがあると嬉しいですね。

直属が私になるので、ムキムキになれるかもしれません!(笑)

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。