バカがつくほど…。

SONY α7RII + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM



いいキャッチコピーですよね。



バカがつくほど、まじめです。
ご存知、日本郵便のCMのキャッチフレーズ。

先日、撮影の下見に河口湖方面へ行く途中。
妻がローソンで、僕の好きな「からあげクン(レッド)」を買ってきてくれました。

すると妻。
「あれ?」

「からあげクンの分が、レシートに記載されていない! 店員の人、レジに打つの忘れたんだね。」
と。

もう日暮れは迫っており、早く行かないと下見の時間が無くなってしまいます。
しかし。

「俺が払ってくる!」
と威勢よく飛び出し、店内へ。

店内は長蛇の列。
ものすごい混んでいるのに、一台しかレジは稼働していません。
そのレジを見ると…。
「停電のため、このレジは動きません」
の張り紙。

…。(「持ってるね〜」←妻の声)

こんな時に限って、ややこしいお客さんがいてなおさら並ぶ。
「200円くらいいいや。行こう。」
と心が折れそうになるのを
「たかが200円とはいえ、お店にとっては従業員のお給料になったり、働いている人の家族の食費になるもの。イカン!」
と何度も頭のなかで天使と悪魔が戦いながら、レジに並び続けました。

時には悪魔が顔を出し、「からあげクンの200円だけ払いたいんだよ!カゴいっぱいに買ってんじゃないよ!」と、普段コンビニなんかで見ない、爆買いの中国人のようなお客さんに対し心の中で悪態をついたり。

打ち忘れたレシートをお店の人に見せて、「これ、打ち忘れていたので」と、すでに食べてしまった(笑)からあげクンの袋を見せて、支払いを済ます。
店員の方は、「わざわざありがとうございました。」と。
いえいえ当然デスよ。
と、天使のスマイルでニッコリ。(支払うの当たり前なんですけど)

車に戻ると妻は
「ホント真面目だよね。」
いいのか、悪いのか。
支払いを1分で終わることを、15分くらい並ぶのに費やしてしまいました。
こんなことを言うのもなんなんですが、人が良すぎて自分が損する場面が多々あります。(自分の中に取り憑くプチ疫病神のせいです。)

ついでに言うと、この日も本当は打ち切ったはずの撮影の依頼を受けて、打ち合わせして。
富士山を背景に撮りたい、との言葉に、打合せ後にすぐ河口湖へ下見に行こうと。
本来は打ち合わせして、下見をして、なんてやってたらとても採算に合いません。

でも喜んでもらえたらな〜と思って、ついつい頭より先に行動してしまいます。

そんな僕は、今日会社から帰宅しようと車のドアに手をかけると、ドアの取っ手部分(?)が、バキッと取れました。
外からドアが開けれなくなりました。(「持ってるよね〜」←妻の声)

もちろん妻は大爆笑です。

過去にさまざまな辛い事件も多々有り、妻は「本当にこんな人いるんだね」と驚きと笑いを隠せません。(今は笑えますが…)
持っている男です。

Comment

  1. mj より:

    バカがつくほど・・だから良いんです!
    全てにおいてストイックなだけなんですよ。
    素晴らしい才能だと思います。

    ワタクシはバカがつくほど意志が弱いですが・・
    ケケケ。それも才能なんです!

    • shinobuosawa より:

      家づくりのバカ。
      MJさんはそんな感じです。もちろん、良い意味でのバカですよ!
      バカを貫いて、多くの人を笑顔にしてあげてください。

      僕は…。
      完全に疫病神(プチ)に祟られていますw

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。