初手術・初入院。

SONY RX1R



初物尽くし。



この歳になってはじめて手術と入院しました。

胆嚢たんのうが胃と肝臓のすき間(?)に入り込んでしまい、圧迫されてしまったとか。
なんでも大変珍しいようです。
外科の先生も、「出張に出ている副院長に確認しないと病名がわからない」と仰っていました。(いまだに病名知らない)

職場で腹痛から発覚しました。

最初に行った診療所は大失敗で、「原因不明」と言われ薬だけ処方。
すぐに山梨厚生病院に行って診察を受けたら、その日のうちに緊急手術。
(最初の診療所は、おじいちゃん先生でしたが、「あんた本当に腹痛?」みたいな失礼な感じからはじまり(笑)、痛いところを触って、「おお、こりゃ腫れているね!」と言ったすぐ後に、「ああ、なんだ筋肉かw」と。いや笑い事じゃないよ!)

本人も訳がわからないうちに診察、手術され、入院したら写真のように患者衣に革靴。
なんじゃこれ。

SONY RX1R



オペは昨年虫垂炎(盲腸)のときの先生。
手術室に入る直前、出迎えてくれた先生に「今回は逃げれませんでしたね( ̄ー ̄)」と告げられ。
(虫垂炎は、手術直前で快方に向かったので逃走w)

メチャクチャ怖かったですw

SONY RX1R



幸いなことに初見では、胆嚢がねじれてしまい、壊死している可能性(破裂の危険性も)があるためすぐに手術ということでした。

でも手術でお腹を開くと、ねじれていたわけではなく、胃と肝臓の間に入ってしまって圧迫されていたとか。
おかげで切る箇所も少なく、胆嚢を切除することなく、入院も短く済みました。有り難いことです。

なんでも人より胆嚢が長いそうで…。(ナスみたいになっているらしいです。)
その話を先生から聞いた妻は爆笑。

いやあなたも笑い事じゃないってば(汗)

虫垂炎のときにCTで撮った画像と比較できたからの早い処置だったそうです。
いろいろ不幸中の幸いでした。

SONY RX1R



SONY RX1R



SONY RX1R



手術の翌日に妻に「カメラ持ってきて」と頼み、フラフラの体でいろいろ写真を撮っていると

「やっぱり写真やっている人っておかしいよね?」と一言。

うーん。
やっぱりそうかな?(笑)


来週には復帰できそうですが、いろいろと気持ちに踏ん張りがききません。
入院前は心身ともに疲れ果ててしまい、「入院でもしたい」と思っていましたが本当に入院。

この先どうしたらいいか迷い中です。
踏ん切りがつくのも、もう少し時間がかかるのかなぁとも感じます。

写真を撮りに行きたいとも思えないし。


療養中で空いた時間は、Kindleで本を読んだりしていますが、やっぱりインプットの時間は楽しいですね。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。