授賞式に行ってきました。

エプソンのギャラリー「epSITE」にて。



エプソンフォトグランプリの授賞式へ。



去年参加したときに家族連れで行けることを知り、「次は」と思っていたので今回は家族で参加させていただきました。

入選した作品は、さてどれでしょう?

入選した作品は、さてどれでしょう?




20,000点以上から選ばれた作品だけあって、どれも素晴らしい力作ばかり。

20,000点以上から選ばれた作品だけあって、どれも素晴らしい力作ばかり。



展示は明日まで!

展示は明日まで!



京王プラザホテルにて。

京王プラザホテルにて。(授賞式)



入賞できただけでも有り難い話なのに、昨年に続き自分では不本意な結果だったので、授賞式に参加するのもはばかられたのですが、審査員の田沼武能さんと三好和義さんが講評で「ここにいる方は、20,000点以上の中から選ばれたのだから自信をもってください。」と仰ってくださったのがとても救われました。


暴れまくる娘のSPとして活躍したために、豪華なお料理の写真などは撮れませんでしたが、美味しいローストビーフを何枚も食べてしまいました(笑)
ちなみに娘は最近言葉がよくわかるらしく、乾杯が終わるやいなや、一番に駆け出してケーキをゲットしました。親がけしかけたみたいで、ちょっと恥ずかしい…。(-_-;)

今年から中・高生の部門を設けたので、高校生なども授賞式に来ていました。作品を拝見しましたが、やはり若い感性というか、年配の方と比較すると作品に独特な清々しさを感じました。
この先ずっと続けていけたら、きっと素晴らしい写真を撮る技術が身につけれるんだろうな、と。
若さが羨ましいと思える、素晴らしい作品でした。

作品展には、専門学校で一緒に学んだTさんも見に行ってくれたらしく、お祝いの言葉をいただきました!
自分から発信するのは苦手なので、せめてひっそりとブログで個人の歴史(記録?)としてアップしているのですが、たまたまブログを見てくれて、足を運んでくれたそう。
涙が出るほど嬉しいです。ありがとう!(・∀・)

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。