感動的な美しさ。江之浦測候所で朝日を拝む[動画]

FUJIFILM X-T30 + FUJINON XF10-24mm f4 R OIS

「お父さん臭いから」と、どうしても一緒に寝てくれない息子(5歳)に、半分本気でスネてたら、「でも好きなところは一緒に闘って(遊んで)くれるところ」とフォローされて、手をつないでくれた息子にキュンキュンしている、もういい大人どころか初老の44歳オスです。

春分光遥拝。

そんなわけで、また新しい動画をアップしました。
場所は神奈川県小田原市にある江之浦測候所。
現代美術作家の杉本博司さんが設計した場所です。

簡単に説明できるものでもないので、ぜひ公式サイトをご覧くださいw
小田原文化財団 江之浦測候所
完全予約制(有料)で入場できます。
これまで2回訪れました。
アートとは。文化とは。
言葉でなく、感覚で感じることができます。

商用利用での撮影、三脚などは使用禁止されていますが、個人で利用するものについてはOKとのこと。(ブログ、SNSなど)
個人のブログに掲載したいとお聞きしたところ、大丈夫とのことでしたので掲載しています。
2分40秒ほどの動画です。よろしければご覧ください。

撮影機材

いまは手放してしまったX-T30で。
撮影しているときはわからないのですが、編集しているとNDフィルター(可変)の色かぶりがひどい。
背面の小さい液晶モニターでは、わからないものですね。
編集時にできるだけ目立たないようにはしましたが。。。
今後気をつけないと。

X-T10 を所有していたときから欲しかった XF10-24mm。
評判通り、とても良いレンズでした。

いまはSONY α7ⅣとSIGMA fp ですが、2台とも所有しているレンズが大きくて重いので、今思うとX-T30 の機動力は素晴らしいですね。
fpも評判が高い45mmがあれば機動力高いんだけどな。そんなお金ないな…。

Osmo Pocketも持っていって撮影したのですが、X-T30 の画が綺麗なのでX-T30 だけで編集しました。
決してOsmo Pocketも悪くないんですけどね。

ここ最近

1年後、2年後を見据えて日々できることを頑張っています。
「前に進んでいるのだろうか」と自問自答したり、落ち込んだり、疲れたりしていますが、本当に少しづつでも前に進んでいると思います。
一日単位では気づきにくいですが、年単位だと大きいはずです。

自分の未来は自分で切り開くしかないので。
私のスキルを喜んで貰える人が一人でも増えるように、地味に頑張りますw
仕事は、誰かの役に立ったり、他人を楽しませたり、他人にありがとうって言ってもらうためのもの。
その対価でお金を貰えて、いままで迷惑をかけてきた(カメラ機材に費やしてきた…)家族に還元できればいいな。

関連記事一覧

  1. 天長節

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ドローンについて

使用機体:DJI Mavic2 Pro

イラスト1

資格など

  • ■ 年間全国包括申請承認済(DIPS)
  • ■ 国際ドローン協会 目視外飛行訓練修了
  • ■ 無人航空従事者検定3級保有
  • ■ 第二級陸上無線技術士 (FPVドローン)

アーカイブ

PAGE TOP