加油台湾!

Leica M9-P × Summilux 50mm/f1.4 ASPH.



台湾南部で地震が起きました。



写真は東日本大震災の爪痕。
この時の台湾の恩を忘れてはいけない。

僕のような貧乏人でも、できることはある。
自分ができる恩返しをしたいと思います。

昨年天長節で皇居へ行ったときも、台湾から多くの方々が天皇陛下の誕生日をお祝いに来ていました。
台湾と日本の国旗を持って。
そして帰り際、一人の台湾の男性が周囲に聞こえるように言いました。
「日本人は忘れてしまったけど、日本と台湾は家族なんだ!」

日本人ですら、天皇の意味すら知らない人が多いのに。
台湾と日本の関わりなど知らない日本人が多いのに。
わざわざ海を渡って、天皇陛下のお祝いに駆けつける。
こんな親日国、台湾以外にあるだろうか…。

すでにYahoo!募金が立ち上がっているようですけど、信頼という意味で日本赤十字に募金しようと思います。
週明けには赤十字でも動くという情報もちらほら。

一人でも多くの方の無事を祈ります。。。

2月9日 追記
日本赤十字で寄付の受付がはじまっています。
2016年台湾地震救援金
僕はどうやら間違えて違うほうのなにか(?)に募金してしまいました…。
いま変更できるか問い合わせ中です。
赤十字の方の負担にもなるのに…。自分のこういうマヌケさが本当イヤです…orz

2月13日 追記
台南に実際住んでいる日本人の記事を見つけました。それによると、日本では大騒ぎしているが、地元ではそれほどでもないと。確かに亡くなられた方も多いですが、目立つ被害はビルの倒壊くらいでそれも天災というより人災の側面が強いと。逆に被害を煽るほど、観光客が減り、そのほうが被害が大きいと書かれていました。(日本のマスコミが煽るのが原因の一つとも書かれていました)
「寄付金よりも観光に来てくれたほうが支援になる」と呼びかけていました。
確かにその通りかもしれません。
かといって、救援金はいらない、というものでもないと思います。僕は自分の目で見て確かめて、判断することを大事にしています。
今回の地震を煽るわけでもないし、被害があることは事実。
そして台湾という親日国。被害があったという事実に関して救援金を送ります。被害の大小は関係ない。僕が送りたいから送るのです。
もちろん、時間とお金ができたら台湾行きますよ!

情報過多の今、なにを信じてなにを実行するか。
より自分自身の判断力と人間性にかかってきます。いろいろな情報に惑わされることなく、判断していきたいですね。
(こんなに偉そうなこと書いても、貧乏人の僕に支援できる寄付金などたかが知れてますが…(汗))

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。