ついてない日々

甘利山からの富士山

PENTAX 645D + FA645 45-85mmF4.5



ろくでもないことばかりが!



ここ最近ついていません。
こんな時は重なるもの。

まず、
  • Mac壊れる
  • ハードディスク壊れる(バックアップなし)
  • 電車間違える(京王線で節約のはずが、中央線に)
  • 自転車投げ込まれて電車止まる(節約のはずが特急に乗るはめに)しかも台風の日
  • 台風来る(屋外のセミナーが屋内に)
  • 車浸水する
  • 自転車パンクする

いろいろ重なって凹んでいると、妻に
生きてるだけで贅沢だろうが!」(多少盛る)
と言われ、さらに凹む。

けど、もっとも。
僕には過ぎた妻に、娘に、息子がいます。

僕の両親も、妻の両親も。
恵まれすぎといっていいほど。

もっと明るく楽しい父ちゃんを家族に見せなければ、と思いました。

グラデーションが綺麗。



ゲン担ぎで富士山を。
なんだかんだ、富士山ってめでたい感じがします。
よし、ここから巻き返しだ!と。

そんなことを書いていたらなんだか元気になりました。
相変わらず単純だなぁ。

富士山を撮影する大勢のカメラマン



撮影しているとき、大勢のカメラマンの方々が一緒に撮影していました。
撮り鉄とかカメラマンのマナー問題をよく耳にしますが、ここでもマナーがよろしくない方が多かったです。(上の写真に写っている方々は違います。)
「前の人の頭が邪魔!」とか、わざと大声でつぶやくオバサンや、立ち小○するオジサンなど。なんだか自分さえ良ければいい、みたいな人が多いのかな…。
年齢は関係ないですが、年配の方でマナーが悪いのはなおさらみっともない気がします。

人生の先輩として、もっと手本となる背中を見せてほしいですね。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。