阿波紙を試してみる。今ならオンラインストアで割引も。

プレミオ忌部 + プレミオ楮 白[アワガミファクトリー]



左の用紙が「プレミオ忌部いんべ」、右が「プレミオこうぞ 白」です。



阿波紙はハイキーな表現に合う

写真家の吉田繁さんの言葉ですが、阿波紙はシャドウが締まらないのでハイキー調の表現に合います。ということで、これから極めていきたい用紙の候補「プレミオ」でA4サイズで試しプリントしました。
前回の「アワガミインクジェットペーパーの検証結果」で、ポートレートはプレミオ忌部、風景はプレミオ楮が合うかな、と書きました。(ポストカードサイズで検証)
今回はA4サイズでプリント。
前回の検証を活かし、プリント設定は「プリンターによるカラー管理」で、彩度を+20くらいで出力。
※エプソンは人肌がマゼンタ寄りにプリントされるので、プリント用にややイエローに振る。

実際にA4サイズだと、プレミオ楮のほうがポートレートに合ってるかも?という感想。

プレミオ楮 白でプリント。表面のテクスチャが質感あって良い感じ



プレミオ忌部は横すじ(のようなもの)がポートレートにはどうだろうと、ちょっと気になりました。(顔がアップのようなものに限っての見解)

プレミオ忌部でプリント。



実際、A2〜A3サイズくらいじゃないと、用紙の真価は発揮しないでしょうけど。
人にプレゼントしたり、飾ったりするのはA4サイズくらいがいいので、もう少し検証したいところです。
表面がテッカテカの光沢紙ではなく、味があって質感もある和紙などで写真をプリント、贈ってあげればきっと喜ばれるはずなので。
(光沢紙が売れるのは世界でも日本だけだそうです。海外の人から見ると、光沢紙の作品は皆無だそう。)

プリントする用紙にもこだわる

これも吉田繁さんのお話からですが、吉田繁さんは自身の作品を世界のギャラリーを相手にして活躍している日本では数少ない写真家の一人です。
その吉田さんが、以前ベルベットファインアートペーパーで印刷した作品をギャラリーに見せたところ、「あなたの作品をイギリス製の用紙でプリントしている意味は?」と聞かれ、その時は返答できなかったそうです。
アートの世界では、まず「あなたは何者で、何を表現したいのか?(アイデンティティ)」ということを強く求められるそうです。
作品にはステートメントというものが絶対です。「日本の作家には足りないもの」だそうです。言われてもっともです。
※アーティスト・ステートメントはその写真家の考え方や、自分の作品を文章でどう表現するかに関わるもの

僕自身、何を写真で何を表現したいのか、というものをまだ撮れていません。けれども、日本が誇る文化である和紙や、最近ではフレスコジクレー(日本発の技術)などを使って、自分の考えるテーマをプリントして表現したいと思います。
プリントの技術が求められる用紙ですが、それだけにチャレンジし甲斐があります。(・∀・)


CP+ 出展記念[割引 ~2/28まで]

センスあるダンボール。


今月末まで、オンラインストアで割引価格で購入できます。特に各用紙が試せるサンプルが50%OFFで大変お買い得です。
買うと高い「びざん」なども入っているので、試したい方はチャンスです。

ちなみにオンラインストアで初めて購入しましたが、中に入っている詰め物の紙(?)や納品書、封筒までも和紙。ちょっと感動。
アワガミファクトリー

もちろん妻から未承諾。このセンスあるダンボールを見て喜ぶ僕に、冷たい目線が2日ほど続きました…。
「5,000円以上買うと、送料が無料になるから!」という言い訳に、「言い訳になってない!」とたしなめられました。
…はい、すみません…m(__)m

キャンソン インフィニティ

バライタフォトグラフィックに興味津々。



余談ですが、先日のCP+でサンプル品としていただいた
  • 「バライタフォトグラフィック」
  • 「フォトグロス・プレミアム・RC」
  • 「フォトサテン・プレミアム・RC」
のL判を各一枚づつをモノクロでプリント。
ガンレフでの評価も高かった「バライタフォトグラフィック」は、確かにモノクロに合いそう!屋久杉の重厚感と樹皮のシャープさの表現が素晴らしいと感じました。もう少し大きなサイズでプリントしたいところ。
「フォトグロス・プレミアム・RC」は光沢感がちょっと好きじゃない感じ…。「フォトサテン・プレミアム・RC」は、落ち着いた半光沢といった感じ(局紙に似てるかも)。この2種はモノクロよりもカラーで試したほうが良かったかもしれません。
まったくの余談ですが。

左側がバライタフォトグラフィック。ちょっと写真からでは良し悪しは判断つきにくいですね…。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。