どうにか…なる!

EOS 5D Mark Ⅲ + EF70-300mm F4-5.6L IS USM



今週さえのり乗り切れば。
今週さえのり乗り切れば。

と、結局毎週同じセリフが続く今日このごろ。



必要とされることは本当に嬉しいし、有り難いですね。
でもそろそろ本気で、忙しくて手が回らなくなってきそうな予感。。。

容量が512MBくらいしか無いので、限界が早いです。(恐竜のステゴサウルス並み(くるみ大)の脳みその大きさしか無い…)
5TBくらいにパワーアップしたいなぁ。

ある案件のお声がかかり躊躇ちゅうちょしていたのですが、友人の「忙しいからこそ、できること、やれることがある」の言葉に背中を押され、やることを決意。

乗り越えられる壁しかないと信じ、突き進みます。
骨は妻が拾って、どこかに捨ててくれるでしょう(笑)

それにしても、デザインや写真などクリエイティブな仕事って、お金に換算しづらいものです。
比べるべきレベルのお話ではないですが、ピカソの「30秒で描いた画が100万円」のエピソードにとても共感しました。

あるレストランにピカソが訪れたとき、ウェイターのひとりがピカソに言った。「このナプキンに何か絵を描いてもらえませんか?もちろん、お礼はします」と。
ピカソはそれに応え、30秒ほどで小さな絵を描いた。
そして、にっこりと笑って「料金は、100万円になります」と言った。
ウェイターは驚いて、「わずか30秒で描かれた絵が100万円ですか?!」と聞いた。
ピカソは、次のように答えたそうだ。
「いいえ、この絵は30秒で描かれたものではありません。40年と30秒かけて描いたものです」。
ピカソは当時、40歳だった。もちろん冗談のつもりでウェイターをからかったのだろうが、その意図は次のようなところにあったのではないか。
ひとつの物事が結実して目に見える価値(バリュー)になることは、才能と、長い歳月の努力とコミットメントの結果である。だから、目に見える結果だけを評価してはならない。それが生まれ出る原因に、目を向けなければならない。

ダイヤモンドブックス「自分の産む価値をお金に換えたいなら、好きなこととやるべきことを追求しよう」より引用


パッとできたデザイン、パッと撮った写真。
その時間だけ見てると短いかもしれませんが、そこに到達するまでの長い過程があるんですよね。
どんな仕事でもそうですが、そうした過程を見る力を養いたいものです。
また、そう見られるように努力を怠らないようにしないといけませんね。

Comment

  1. mj より:

    自分も言ってみたいですな・・・
    このお家は40億円です!
    38年と10ヶ月の月日が・・・

    ・・・売れん・・・。

お気軽にコメントをしてください。

メールアドレスが公開されることはありません。

グラフィックデザイン、ウェブデザインも手掛ける写真家修行中の人(♂)。
クスッと笑える不幸体質の持ち主。
日本人のアイデンティティを可視化できるような作品づくり(写真)を目標に取り組んでいます。